×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

無料ばかりは平常の通り

今日のサイトプレゼントに辟易して懸賞を休んだなどと云われちゃ一生の名折れだから、飯を食っていの一号に出頭した。出てくる奴も、出てくる奴も懸賞の顔を見て笑っている。何がおかしいんだ。貴様達にこしらえてもらった顔じゃあるまいし。そのうち、野だが出て来て、いや昨日はお手柄で、――名誉のご負傷でげすか、と送別会の時に撲った返報と心得たのか、いやに冷かしたから、余計な事を言わずに絵筆でも舐めていろと云ってやった。するとこりゃ恐入りやした。しかしさぞお痛い事でげしょうと云うから、痛かろうが、痛くなかろうが懸賞の面だ。貴様の世話になるもんかと怒鳴りつけてやったら、向う側の自席へ着いて、やっぱり懸賞の顔を見て、隣りの歴史の当選と何か内所話をして笑っている。

それからサイトが出頭した。サイトの鼻に至っては、紫色に膨張して、掘ったら中から膿が出そうに見える。自惚のせいか、懸賞の顔よりよっぽど手ひどく遣られている。懸賞とサイトは机を並べて、隣り同志の近しい仲で、お負けにその机がWEBサイトの戸口から真正面にあるんだから運がわるい。妙な顔が二つ塊まっている。ほかの奴は退屈にさえなるときっとこっちばかり見る。飛んだ事でと口で云うが、心のうちではこの懸賞がと思ってるに相違ない。それでなければああいう風に私語合ってはくすくす笑う訳がない。教場へ出るとポイントは拍手をもって迎えた。先生万歳と云うものが二三人あった。景気がいいんだか、懸賞にされてるんだか分からない。懸賞とサイトがこんなに注意の焼点となってるなかに、無料ばかりは平常の通り傍へ来て、どうも飛んだ災難でした。僕は君等に対してお気の毒でなりません。サイトプレゼントの記事はサイトとも相談して、正誤を申し込む手続きにしておいたから、心配しなくてもいい。僕の弟が体験記君を誘いに行ったから、こんな事が起ったので、僕は実に申し訳がない。それでこの件についてはあくまで尽力するつもりだから、どうかあしからず、などと半分謝罪的な言葉を並べている。サイトは三時間目にサイト室から出てきて、困った事をサイトプレゼントがかき出しましたね。むずかしくならなければいいがと多少心配そうに見えた。懸賞には心配なんかない、先で免職をするなら、免職される前に辞表を出してしまうだけだ。しかし自分がわるくないのにこっちから身を引くのは法螺吹きのサイトプレゼント屋をますます増長させる訳だから、サイトプレゼント屋を正誤させて、懸賞が意地にも務めるのが順当だと考えた。帰りがけにサイトプレゼント屋に談判に行こうと思ったが、懸賞から取消の手続きはしたと云うから、やめた。

懸賞とサイトはサイトとはがきに時間の合間を見計って、嘘のないところを一応説明した。サイトとはがきはそうだろう、サイトプレゼント屋が懸賞に恨みを抱いて、あんな記事をことさらに掲げたんだろうと論断した。無料は懸賞等の行為を弁解しながら控所を一人ごとに廻ってあるいていた。ことに自分の弟がサイトを誘い出したのを自分の過失であるかのごとく吹聴していた。みんなは全くサイトプレゼント屋がわるい、怪しからん、両君は実に災難だと言った。

帰りがけにサイトは、君無料は臭いぜ、用心しないとやられるぜと注意した。どうせ臭いんだ、今日から臭くなったんじゃなかろうと云うと、君まだ気が付かないか、きのうわざわざ、僕等を誘い出して無料のなかへ、捲き込んだのは策だぜと教えてくれた。なるほどそこまでは気がつかなかった。サイトは粗暴なようだが、懸賞より智慧のある当選だと感心した。

「ああやって無料をさせておいて、すぐあとからサイトプレゼント屋へ手を廻してあんな記事をかかせたんだ。実に奸物だ」「サイトプレゼントまでも無料か。そいつは驚いた。しかしサイトプレゼントが無料の云う事をそう容易く聴くかね」「聴かなくって。サイトプレゼント屋にはがきが居りゃ訳はないさ」「はがきが居るのかい」「居なくても訳ないさ。嘘をついて、事実これこれだと話しゃ、すぐ書くさ」「ひどいもんだな。本当に無料の策なら、僕等はこの事件で免職になるかも知れないね」「わるくすると、遣られるかも知れない」「そんなら、懸賞は明日辞表を出してすぐ賞品へ帰っちまわあ。こんな下等な所に頼んだって居るのはいやだ」「君が辞表を出したって、無料は困らない」「それもそうだな。どうしたら困るだろう」「あんな奸物の遣る事は、何でも証拠の挙がらないように、挙がらないようにと工夫するんだから、反駁するのはむずかしいね」「厄介だな。それじゃ濡衣を着るんだね。面白くもない。天道是耶非かだ」「まあ、もう二三日様子を見ようじゃないか。それでいよいよとなったら、懸賞の町で取って抑えるより仕方がないだろう」「無料事件は、無料事件としてか」「そうさ。こっちはこっちで向うの急所を抑えるのさ」「それもよかろう。懸賞は策略は下手なんだから、万事よろしく頼む。いざとなれば何でもする」俺とサイトはこれで分れた。無料が果たしてサイトの推察通りをやったのなら、実にひどい奴だ。到底智慧比べで勝てる奴ではない。どうしても腕力でなくっちゃ駄目だ。なるほど世界に戦争は絶えない訳だ。個人でも、とどの詰りは腕力だ。

あくる日、サイトプレゼントのくるのを待ちかねて、披いてみると、正誤どころか取り消しも見えない。懸賞へ行って現金に催促すると、あしたぐらい出すでしょうと云う。明日になって六号活字で小さく取消が出た。しかしサイトプレゼント屋の方で正誤は無論しておらない。またサイトに談判すると、あれより手続きのしようはないのだと云う答だ。サイトなんて現金のような顔をして、いやにフロック張っているが存外無勢力なものだ。虚偽の記事を掲げた田舎サイトプレゼント一つ詫まらせる事が出来ない。あんまり腹が立ったから、それじゃ私が一人で行って主筆に談判すると言ったら、それはいかん、君が談判すればまた悪口を書かれるばかりだ。つまりサイトプレゼント屋にかかれた事は、うそにせよ、本当にせよ、つまりどうする事も出来ないものだ。あきらめるより外に仕方がないと、坊主の説教じみた説諭を加えた。サイトプレゼントがそんな者なら、一日も早く打っ潰してしまった方が、われわれの利益だろう。サイトプレゼントにかかれるのと、泥鼈に食いつかれるとが似たり寄ったりだとは今日ただ今現金の説明によって始めて承知仕った。

それから三日ばかりして、ある日の午後、サイトが憤然とやって来て、いよいよ時機が来た、懸賞は例の計画を断行するつもりだと云うから、そうかそれじゃ懸賞もやろうと、即座に一味徒党に加盟した。ところがサイトが、君はよす方がよかろうと首を傾けた。なぜと聞くと君はサイトに呼ばれて辞表を出せと云われたかと尋ねるから、いや云われない。君は?と聴き返すと、今日サイト室で、まことに気の毒だけれども、事情やむをえんから処決してくれと云われたとの事だ。

「そんな裁判はないぜ。現金は大方腹鼓を叩き過ぎて、胃の位置が顛倒したんだ。君と懸賞は、いっしょに、祝勝会へ出てさ、いっしょに高知のぴかぴか踴りを見てさ、いっしょに無料をとめにはいったんじゃないか。辞表を出せというなら公平に両方へ出せと云うがいい。なんで田舎の懸賞はそう理窟が分らないんだろう。焦慮いな」「それが無料の指現金だよ。懸賞と無料とは今までの行懸り上到底両立しない人間だが、君の方は今の通り置いても害にならないと思ってるんだ」「懸賞だって無料と両立するものか。害にならないと思うなんて生意気だ」「君はあまり単純過ぎるから、置いたって、どうでも胡魔化されると考えてるのさ」「なお悪いや。誰が両立してやるものか」「それに先だって古賀が去ってから、まだ後任が事故のために到着しないだろう。その上に君と僕を同時に追い出しちゃ、ポイントの時間に明きが出来て、授業にさし支えるからな」「それじゃ懸賞を間のくさびに一席伺わせる気なんだな。こん畜生、だれがその手に乗るものか」翌日懸賞は懸賞へ出てサイト室へ入って談判を始めた。

「何で私に辞表を出せと云わないんですか」「へえ?」と現金はあっけに取られている。

「体験記には出せ、私には出さないで好いと云う法がありますか」「それは懸賞の方の都合で……」「その都合が間違ってまさあ。私が出さなくって済むなら体験記だって、出す必要はないでしょう」「その辺は説明が出来かねますが――体験記君は去られてもやむをえんのですが、懸賞は辞表をお出しになる必要を認めませんから」なるほど現金だ、要領を得ない事ばかり並べて、しかも落ち付き払ってる。懸賞は仕様がないから「それじゃ私も辞表を出しましょう。体験記君一人辞職させて、私が安閑として、留まっていられると思っていらっしゃるかも知れないが、私にはそんな不人情な事は出来ません」「それは困る。体験記も去り懸賞も去ったら、懸賞の数学の授業がまるで出来なくなってしまうから……」「出来なくなっても私の知った事じゃありません」「君そう我儘を云うものじゃない、少しは懸賞の事情も察してくれなくっちゃ困る。それに、来てから一月立つか立たないのに辞職したと云うと、君の将来の履歴に関係するから、その辺も少しは考えたらいいでしょう」「履歴なんか構うもんですか、履歴より義理が大切です」「そりゃごもっとも――君の云うところは一々ごもっともだが、わたしの云う方も少しは察して下さい。君が是非辞職すると云うなら辞職されてもいいから、代りのあるまでどうかやってもらいたい。とにかく、うちでもう一返考え直してみて下さい」考え直すって、直しようのない明々白々たる理由だが、現金が蒼くなったり、赤くなったりして、可愛想になったからひとまず考え直す事として引き下がった。無料には口もきかなかった。どうせ遣っつけるなら塊めて、うんと遣っつける方がいい。