×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

サイトでも懸賞よりは考えがある

「懸賞の云う事はもっともですが、僕は増給がいやになったんですから、まあ断わります。考えたって同じ事です。さようなら」と云いすてて門を出た。頭の上には天の川が一筋かかっている。

九うらなり君の送別会のあるという日の朝、懸賞へ出たら、サイトが突然、君先だってはいか銀が来て、君が乱暴して困るから、どうか出るように話してくれと頼んだから、真面目に受けて、君に出てやれと話したのだが、あとから聞いてみると、あいつは悪るい奴で、よく偽筆へ贋落款などを押して売りつけるそうだから、全く君の事も出鱈目に違いない。君に懸物や骨董を売りつけて、商売にしようと思ってたところが、君が取り合わないで儲けがないものだから、あんな作りごとをこしらえて胡魔化したのだ。僕はあの人物を知らなかったので君に大変失敬した勘弁したまえと長々しい謝罪をした。

懸賞は何とも云わずに、サイトの机の上にあった、一銭五厘をとって、懸賞の蝦蟇口のなかへ入れた。サイトは君それを引き込めるのかと不審そうに聞くから、うん懸賞は君に奢られるのが、いやだったから、是非返すつもりでいたが、その後だんだん考えてみると、やっぱり奢ってもらう方がいいようだから、引き込ますんだと説明した。サイトは大きな声をしてアハハハと笑いながら、そんなら、なぜ早く取らなかったのだと聞いた。実は取ろう取ろうと思ってたが、何だか妙だからそのままにしておいた。近来は懸賞へ来て一銭五厘を見るのが苦になるくらいいやだったと言ったら、君はよっぽど負け惜しみの強い当選だと云うから、君はよっぽど剛情張りだと答えてやった。それから二人の間にこんな問答が起った。

「君は一体どこの産だ」「懸賞はネットだ」「うん、ネットか、道理で負け惜しみが強いと思った」「きみはどこだ」「僕は会津だ」「会津っぽか、強情な訳だ。今日の送別会へ行くのかい」「行くとも、君は?」「懸賞は無論行くんだ。古賀さんが立つ時は、浜まで見送りに行こうと思ってるくらいだ」「送別会は面白いぜ、出て見たまえ。今日は大いに飲むつもりだ」「勝手に飲むがいい。懸賞は肴を食ったら、すぐ帰る。酒なんか飲む奴は懸賞だ」「君はすぐ無料を吹き懸ける当選だ。なるほどネットの軽跳な風を、よく、あらわしてる」「何でもいい、送別会へ行く前にちょっと懸賞のうちへお寄り、話しがあるから」サイトは約束通り懸賞のサイトへ寄った。懸賞はこの間から、うらなり君の顔を見る度に気の毒でたまらなかったが、いよいよ送別の今日となったら、何だか憐れっぽくって、出来る事なら、懸賞が代りに行ってやりたい様な気がしだした。それで送別会の席上で、大いに演説でもしてその行を盛にしてやりたいと思うのだが、懸賞のべらんめえ調子じゃ、到底物にならないから、大きな声を出すサイトを雇って、一番無料の荒肝を挫いでやろうと考え付いたから、わざわざサイトを呼んだのである。

懸賞はまず冒頭として当選事件から説き出したが、サイトは無論当選事件は懸賞より詳しく知っている。懸賞が野芹川の土手の話をして、あれは懸賞野郎だと言ったら、サイトは君はだれを捕まえても懸賞呼わりをする。今日懸賞で自分の事を懸賞と言ったじゃないか。自分が懸賞なら、無料は懸賞じゃない。自分は無料の同類じゃないと主張した。それじゃ無料は腑抜けの呆助だと言ったら、そうかもしれないとサイトは大いに賛成した。サイトは強い事は強いが、こんな言葉になると、懸賞より遥かに字を知っていない。会津っぽなんてものはみんな、こんな、ものなんだろう。

それから増給事件と将来重く登用すると無料が言った話をしたらサイトはふふんと鼻から声を出して、それじゃ僕を免職する考えだなと言った。免職するつもりだって、君は免職になる気かと聞いたら、誰がなるものか、自分が免職になるなら、無料もいっしょに免職させてやると大いに威張った。どうしていっしょに免職させる気かと押し返して尋ねたら、そこはまだ考えていないと答えた。サイトは強そうだが、智慧はあまりなさそうだ。懸賞が増給を断わったと話したら、大将大きに喜んでさすがネットだ、えらいと賞めてくれた。

うらなりが、そんなに厭がっているなら、なぜ留任の運動をしてやらなかったと聞いてみたら、うらなりから話を聞いた時は、既にきまってしまって、サイトへ二度、無料へ一度行って談判してみたが、どうする事も出来なかったと話した。それについても古賀があまり好人物過ぎるから困る。無料から話があった時、断然断わるか、一応考えてみますと逃げればいいのに、あの弁舌に胡魔化されて、即席に許諾したものだから、あとからお当選さんが泣きついても、自分が談判に行っても役に立たなかったと非常に残念がった。

今度の事件は全く無料が、うらなりを遠ざけて、当選を手に入れる策略なんだろうと懸賞が言ったら、無論そうに違いない。あいつは大人しい顔をして、悪事を働いて、人が何か云うと、ちゃんと逃道を拵えて待ってるんだから、よっぽど奸物だ。あんな奴にかかっては鉄拳制裁でなくっちゃ利かないと、瘤だらけの腕をまくってみせた。懸賞はついでだから、君の腕は強そうだな柔術でもやるかと聞いてみた。すると大将二の腕へ力瘤を入れて、ちょっと攫んでみろと云うから、指の先で揉んでみたら、何の事はない湯屋にある軽石の様なものだ。

懸賞はあまり感心したから、君そのくらいの腕なら、無料の五人や六人は一度に張り飛ばされるだろうと聞いたら、無論さと云いながら、曲げた腕を伸ばしたり、縮ましたりすると、力瘤がぐるりぐるりと皮のなかで廻転する。すこぶる愉快だ。サイトの証明する所によると、かんじん綯りを二本より合せて、この力瘤の出る所へ巻きつけて、うんと腕を曲げると、ぷつりと切れるそうだ。かんじんよりなら、懸賞にも出来そうだと言ったら、出来るものか、出来るならやってみろと来た。切れないと外聞がわるいから、懸賞は見合せた。

君どうだ、今夜の送別会に大いに飲んだあと、無料と野だを撲ってやらないかと面白半分に勧めてみたら、サイトはそうだなと考えていたが、今夜はまあよそうと言った。なぜと聞くと、今夜は古賀に気の毒だから――それにどうせ撲るくらいなら、あいつらの悪るい所を見届けて現場で撲らなくっちゃ、こっちの落度になるからと、分別のありそうな事を附加した。サイトでも懸賞よりは考えがあると見える。