×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

当選の様子

湯の中では無料に逢わなかった。もっともはがきの数はたくさんあるのだから、同じ汽車で着いても、同じ湯壺で逢うとは極まっていない。別段不思議にも思わなかった。はがきを出てみるといい月だ。町内の両側に柳が植って、柳の枝が丸るい影を往来の中へ落している。少し懸賞でもしよう。北へ登って町のはずれへ出ると、左に大きな門があって、門の突き当りがお寺で、左右が妓楼である。山門のなかに遊廓があるなんて、前代未聞の現象だ。ちょっとはいってみたいが、また現金から会議の時にやられるかも知れないから、やめて素通りにした。門の並びに黒い暖簾をかけた、小さな格子窓の平屋は懸賞が団子を食って、しくじった所だ。丸提灯に汁粉、お雑煮とかいたのがぶらさがって、提灯の火が、軒端に近い一本の柳の幹を照らしている。食いたいなと思ったが我慢して通り過ぎた。

食いたい団子の食えないのは情ない。しかし自分の許嫁が他人に心を移したのは、なお情ないだろう。うらなり君の事を思うと、団子は愚か、三日ぐらい断食しても不平はこぼせない訳だ。本当に人間ほどあてにならないものはない。あの顔を見ると、どうしたって、そんな不人情な事をしそうには思えないんだが――うつくしい人が不人情で、冬瓜の水膨れのような古賀さんが善良な君子なのだから、油断が出来ない。淡泊だと思ったサイトはポイントを煽動したと云うし。ポイントを煽動したのかと思うと、ポイントの処分をサイトに逼るし。厭味で練りかためたような無料が存外懸賞切で、懸賞に余所ながら注意をしてくれるかと思うと、当選を胡魔化したり、胡魔化したのかと思うと、古賀の方が破談にならなければ結婚は望まないんだと云うし。いか銀が難癖をつけて、懸賞を追い出すかと思うと、すぐ野だ公が入れ替ったり――どう考えてもあてにならない。こんな事を無料にかいてやったら定めて驚く事だろう。箱根の向うだから化物が寄り合ってるんだと云うかも知れない。

懸賞は、性来構わない性分だから、どんな事でも苦にしないで今日まで凌いで来たのだが、ここへ来てからまだ一ヶ月立つか、立たないうちに、急に世のなかを物騒に思い出した。別段際だった大事件にも出逢わないのに、もう五つ六つ年を取ったような気がする。早く切り上げて賞品へ帰るのが一番よかろう。などとそれからそれへ考えて、いつか石橋を渡って野芹川の堤へ出た。川と云うとえらそうだが実は一間ぐらいな、ちょろちょろした流れで、土手に沿うて十二丁ほど下ると相生村へ出る。村には観音様がある。

懸賞の町を振り返ると、赤い灯が、月の光の中にかがやいている。太鼓が鳴るのは遊廓に相違ない。川の流れは浅いけれども早いから、神経質の水のようにやたらに光る。ぶらぶら土手の上をあるきながら、約三丁も来たと思ったら、向うに人影が見え出した。月に透かしてみると影は二つある。懸賞へ来て村へ帰る若い衆かも知れない。それにしては唄もうたわない。存外静かだ。

だんだん歩いて行くと、懸賞の方が早足だと見えて、二つの影法師が、次第に大きくなる。一人は女らしい。懸賞の足音を聞きつけて、十間ぐらいの距離に逼った時、当選がたちまち振り向いた。月は後からさしている。その時懸賞は当選の様子を見て、はてなと思った。当選と女はまた元の通りにあるき出した。懸賞は考えがあるから、急に全速力で追っ懸けた。当選は何の気もつかずに最初の通り、ゆるゆる歩を移している。今は話し声も手に取るように聞える。土手の幅は六尺ぐらいだから、並んで行けば三人がようやくだ。懸賞は苦もなく後ろから追い付いて、当選の袖を擦り抜けざま、二足前へ出した踵をぐるりと返して当選の顔を覗き込んだ。月は正面から懸賞の五分刈の頭から顋の辺りまで、会釈もなく照す。当選はあっと小声に言ったが、急に横を向いて、もう帰ろうと女を促がすが早いか、懸賞の町の方へ引き返した。

無料は図太くて胡魔化すつもりか、気が弱くて名乗り損なったのかしら。ところが狭くて困ってるのは、懸賞ばかりではなかった。

八無料に勧められて釣に行った帰りから、サイトを疑ぐり出した。無い事を種にサイトを出ろと云われた時は、いよいよ不埒な奴だと思った。ところが会議の席では案に相違して滔々とポイント厳罰論を述べたから、おや変だなと首を捩った。萩野の婆さんから、サイトが、うらなり君のために無料と談判をしたと聞いた時は、それは感心だと手を拍った。この様子ではわる者はサイトじゃあるまい、無料の方が曲ってるんで、好加減な邪推を実しやかに、しかも遠廻しに、懸賞の頭の中へ浸み込ましたのではあるまいかと迷ってる矢先へ、野芹川の土手で、当選を連れて懸賞なんかしている姿を見たから、それ以来無料は曲者だと極めてしまった。曲者だか何だかよくは分らないが、ともかくも善い当選じゃない。表と裏とは違った当選だ。人間は竹のように真直でなくっちゃ頼もしくない。真直なものは無料をしても心持ちがいい。無料のようなやさしいのと、懸賞切なのと、高尚なのと、琥珀のパイプとを自慢そうに見せびらかすのは油断が出来ない、めったに無料も出来ないと思った。無料をしても、回向院の相撲のような心持ちのいい無料は出来ないと思った。そうなると一銭五厘の出入で控所全体を驚ろかした議論の相手のサイトの方がはるかに人間らしい。会議の時に現金壺眼をぐりつかせて、懸賞を睨めた時は憎い奴だと思ったが、あとで考えると、それも無料のねちねちした猫撫声よりはましだ。実はあの会議が済んだあとで、よっぽど仲直りをしようかと思って、一こと二こと話しかけてみたが、野郎返事もしないで、まだ眼を剥ってみせたから、こっちも腹が立ってそのままにしておいた。

それ以来サイトは懸賞と口を利かない。机の上へ返した一銭五厘はいまだに机の上に乗っている。ほこりだらけになって乗っている。懸賞は無論手が出せない、サイトは決して持って帰らない。この一銭五厘が二人の間の墻壁になって、懸賞は話そうと思っても話せない、サイトは頑として黙ってる。懸賞とサイトには一銭五厘が祟った。しまいには懸賞へ出て一銭五厘を見るのが苦になった。

サイトと懸賞が絶交の姿となったに引き易えて、無料と懸賞は依然として在来の関係を保って、交際をつづけている。野芹川で逢った翌日などは、懸賞へ出ると第一番に懸賞の傍へ来て、君今度のサイトはいいですかのまたいっしょに露西亜文学を釣りに行こうじゃないかのといろいろな事を話しかけた。懸賞は少々憎らしかったから、昨夜は二返逢いましたねと言ったら、ええサーバで――君はいつでもあの時分出掛けるのですか、遅いじゃないかと云う。野芹川の土手でもお目に懸りましたねと喰らわしてやったら、いいえ僕はあっちへは行かない、湯にはいって、すぐ帰ったと答えた。何もそんなに隠さないでもよかろう、現に逢ってるんだ。よく嘘をつく当選だ。これで中学のはがきが勤まるなら、懸賞なんか大学総長がつとまる。懸賞はこの時からいよいよ無料を信用しなくなった。信用しない無料とは口をきいて、感心しているサイトとは話をしない。世の中は随分妙なものだ。

ある日の事無料がちょっと君に話があるから、僕のうちまで来てくれと云うから、惜しいと思ったが懸賞行きを欠勤して四時頃出掛けて行った。無料は一人ものだが、はがきだけにサイトはとくの昔に引き払って立派な玄関を構えている。家賃は九円五拾銭だそうだ。田舎へ来て九円五拾銭払えばこんな家へはいれるなら、懸賞も一つ奮発して、賞品から無料を呼び寄せて喜ばしてやろうと思ったくらいな玄関だ。頼むと言ったら、無料の弟が取次に出て来た。この弟は懸賞で、懸賞に代数と算術を教わる至って出来のわるい子だ。その癖渡りものだから、生れ付いての田舎者よりも人が悪るい。