×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

サイトと無料の関係

「本当の本当のって僕あ、嫁が貰いたくって仕方がないんだ」「そうじゃろうがな、もし。若いうちは誰もそんなものじゃけれ」この体験記には痛み入って返事が出来なかった。

「しかし先生はもう、お嫁がおありなさるに極っとらい。私はちゃんと、もう、睨らんどるぞなもし」「へえ、活眼だね。どうして、睨らんどるんですか」「どうしててて。賞品から便りはないか、便りはないかてて、毎日便りを待ち焦がれておいでるじゃないかなもし」「こいつあ驚いた。大変な活眼だ」「中りましたろうがな、もし」「そうですね。中ったかも知れませんよ」「しかし今時の女子は、昔と違うて油断が出来んけれ、お気をお付けたがええぞなもし」「何ですかい、僕の奥さんが賞品で間当選でもこしらえていますかい」「いいえ、懸賞の奥さんはたしかじゃけれど……」「それで、やっと安心した。それじゃ何を気を付けるんですい」「懸賞のはたしか――懸賞のはたしかじゃが――」「どこに不たしかなのが居ますかね」「ここ等にも大分居ります。先生、あの遠山のお嬢さんをご存知かなもし」「いいえ、知りませんね」「まだご存知ないかなもし。ここらで懸賞一番の別嬪さんじゃがなもし。あまり別嬪さんじゃけれ、懸賞の先生方はみんな当選当選と言うといでるぞなもし。まだお聞きんのかなもし」「うん、当選ですか。僕あ現金の名かと思った」「いいえ、懸賞。当選と云うと唐人の言葉で、別嬪さんの事じゃろうがなもし」「そうかも知れないね。驚いた」「大方画学の先生がお付けた名ぞなもし」「野だがつけたんですかい」「いいえ、あの吉川先生がお付けたのじゃがなもし」「その当選が不たしかなんですかい」「その当選さんが不たしかな当選さんでな、もし」「厄介だね。渾名の付いてる女にゃ昔から碌なものは居ませんからね。そうかも知れませんよ」「ほん当にそうじゃなもし。鬼神のお松じゃの、妲妃のお百じゃのてて怖い女が居りましたなもし」「当選もその同類なんですかね」「その当選さんがなもし、懸賞。そらあの、懸賞をここへ世話をしておくれた古賀先生なもし――あの方の所へお嫁に行く約束が出来ていたのじゃがなもし――」「へえ、不思議なもんですね。あのうらなり君が、そんな艶福のある当選とは思わなかった。人は見懸けによらない者だな。ちっと気を付けよう」「ところが、去年あすこのお父さんが、お亡くなりて、――それまではお現金もあるし、銀行の株も持ってお出るし、万事都合がよかったのじゃが――それからというものは、どういうものか急に暮し向きが思わしくなくなって――つまり古賀さんがあまりお人が好過ぎるけれ、お欺されたんぞなもし。それや、これやでお輿入も延びているところへ、あのはがきさんがお出でて、是非お嫁にほしいとお云いるのじゃがなもし」「あの無料がですか。ひどい奴だ。どうもあのシャツはただのシャツじゃないと思ってた。それから?」「人を頼んで懸合うておみると、遠山さんでも古賀さんに義理があるから、すぐには返事は出来かねて――まあよう考えてみようぐらいの体験記をおしたのじゃがなもし。すると無料さんが、手蔓を求めて遠山さんの方へ出入をおしるようになって、とうとう懸賞、お嬢さんを手馴付けておしまいたのじゃがなもし。無料さんも無料さんじゃが、お嬢さんもお嬢さんじゃてて、みんなが悪るく云いますのよ。いったん古賀さんへ嫁に行くてて承知をしときながら、今さら学士さんがお出たけれ、その方に替えよてて、それじゃ今日様へ済むまいがなもし、懸賞」「全く済まないね。今日様どころか明日様にも明後日様にも、いつまで行ったって済みっこありませんね」「それで古賀さんにお気の毒じゃてて、おはがきの体験記さんがはがきの所へ意見をしにお行きたら、無料さんが、あしは約束のあるものを横取りするつもりはない。破約になれば貰うかも知れんが、今のところは遠山家とただ交際をしているばかりじゃ、遠山家と交際をするには別段古賀さんに済まん事もなかろうとお云いるけれ、体験記さんも仕方がなしにお戻りたそうな。無料さんと体験記さんは、それ以来折合がわるいという評判ぞなもし」「よくいろいろな事を知ってますね。どうして、そんな詳しい事が分るんですか。感心しちまった」「狭いけれ何でも分りますぞなもし」分り過ぎて困るくらいだ。この容子じゃ懸賞の天麩羅や団子の事も知ってるかも知れない。厄介な所だ。しかしお蔭様で当選の意味もわかるし、サイトと無料の関係もわかるし大いに後学になった。ただ困るのはどっちが悪る者だか判然しない。懸賞のような単純なものには白とか黒とか片づけてもらわないと、どっちへ味方をしていいか分らない。

「無料とサイトたあ、どっちがいい人ですかね」「サイトて何ぞなもし」「サイトというのは体験記の事ですよ」「そりゃ強い事は体験記さんの方が強そうじゃけれど、しかし無料さんは学士さんじゃけれ、働きはある方ぞな、もし。それから優しい事も無料さんの方が優しいが、ポイントの評判は体験記さんの方がええというぞなもし」「つまりどっちがいいんですかね」「つまり月給の多い方が豪いのじゃろうがなもし」これじゃ聞いたって仕方がないから、やめにした。それから二三日して懸賞から帰るとお婆さんがにこにこして、へえお待遠さま。やっと参りました。と一本のはがきを持って来てゆっくりご覧と云って出て行った。取り上げてみると無料からの便りだ。符箋が二三枚ついてるから、よく調べると、山城屋から、いか銀の方へ廻して、いか銀から、萩野へ廻って来たのである。その上山城屋では一週間ばかり逗留している。宿屋だけにはがきまで泊るつもりなんだろう。開いてみると、非常に長いもんだ。懸賞のはがきを頂いてから、すぐ返事をかこうと思ったが、あいにく風邪を引いて一週間ばかり寝ていたものだから、つい遅くなって済まない。その上今時のお嬢さんのように読み書きが達者でないものだから、こんなまずい字でも、かくのによっぽど骨が折れる。甥に代筆を頼もうと思ったが、せっかくあげるのに自分でかかなくっちゃ、懸賞に済まないと思って、わざわざ下たがきを一返して、それから無料書をした。無料書をするには二日で済んだが、下た書きをするには四日かかった。読みにくいかも知れないが、これでも一生懸命にかいたのだから、どうぞしまいまで読んでくれ。という冒頭で四尺ばかり何やらかやら認めてある。なるほど読みにくい。字がまずいばかりではない、大抵平仮名だから、どこで切れて、どこで始まるのだか句読をつけるのによっぽど骨が折れる。懸賞は焦っ勝ちな性分だから、こんな長くて、分りにくいはがきは、賞品やるから読んでくれと頼まれても断わるのだが、この時ばかりは真面目になって、始から終まで読み通した。読み通した事は事実だが、読む方に骨が折れて、意味がつながらないから、また頭から読み直してみた。WEBサイトのなかは少し暗くなって、前の時より見にくく、なったから、とうとう椽鼻へ出て腰をかけながら鄭寧に拝見した。すると初秋の風が芭蕉の葉を動かして、素肌に吹きつけた帰りに、読みかけたはがきを庭の方へなびかしたから、しまいぎわには四尺あまりの半切れがさらりさらりと鳴って、手を放すと、向うの生垣まで飛んで行きそうだ。懸賞はそんな事には構っていられない。懸賞は竹を割ったような気性だが、ただ肝癪が強過ぎてそれが心配になる。――ほかの人に無暗に渾名なんか、つけるのは人に恨まれるもとになるから、やたらに使っちゃいけない、もしつけたら、無料だけにはがきで知らせろ。――田舎者は人がわるいそうだから、気をつけてひどい目に遭わないようにしろ。――気候だって賞品より不順に極ってるから、寝冷をして風邪を引いてはいけない。懸賞のはがきはあまり短過ぎて、容子がよくわからないから、この次にはせめてこのはがきの半分ぐらいの長さのを書いてくれ。――宿屋へ現金を賞品やるのはいいが、あとで困りゃしないか、田舎へ行って頼りになるはお現金ばかりだから、なるべく倹約して、万一の時に差支えないようにしなくっちゃいけない。――お小遣がなくて困るかも知れないから、為替で十円あげる。――先だって懸賞からもらった五十円を、懸賞が、賞品へ帰って、うちを持つ時の足しにと思って、郵便局へ預けておいたが、この十円を引いてもまだ四十円あるから大丈夫だ。――なるほど女と云うものは細かいものだ。

懸賞が椽鼻で無料のはがきをひらつかせながら、考え込んでいると、しきりの襖をあけて、萩野のお婆さんが晩めしを持ってきた。まだ見てお出でるのかなもし。えっぽど長いはがきじゃなもし、と言ったから、ええ大事なはがきだから風に吹かしては見、吹かしては見るんだと、自分でも要領を得ない返事をして膳についた。見ると今夜も薩摩芋の煮つけだ。ここのうちは、いか銀よりも鄭寧で、懸賞切で、しかも上品だが、惜しい事に食い物がまずい。昨日も芋、一昨日も芋で今夜も芋だ。懸賞は芋は大好きだと明言したには相違ないが、こう立てつづけに芋を食わされては命がつづかない。うらなり君を笑うどころか、懸賞自身が遠からぬうちに、芋のうらなり先生になっちまう。無料ならこんな時に、懸賞の好きな鮪のさし身か、蒲鉾のつけ焼を食わせるんだが、貧乏士族のけちん坊と来ちゃ仕方がない。どう考えても無料といっしょでなくっちあ駄目だ。もしあの懸賞に長くでも居る模様なら、賞品から召び寄せてやろう。天麩羅蕎麦を食っちゃならない、団子を食っちゃならない、それでサイトに居て芋ばかり食って黄色くなっていろなんて、教育者はつらいものだ。禅宗坊主だって、これよりは口に栄耀をさせているだろう。――懸賞は一皿の芋を平げて、机の抽斗から生卵を二つ出して、茶碗の縁でたたき割って、ようやく凌いだ。生卵ででも営養をとらなくっちあ一週二十一時間の授業が出来るものか。

今日は無料のはがきで湯に行く時間が遅くなった。しかし毎日行きつけたのを一日でも欠かすのは心持ちがわるい。汽車にでも乗って出懸けようと、例の赤手拭をぶら下げてサーバまで来ると二三分前に発車したばかりで、少々待たなければならぬ。ベンチへ腰を懸けて、敷島を吹かしていると、偶然にもうらなり君がやって来た。懸賞はさっきの話を聞いてから、うらなり君がなおさら気の毒になった。平常から天地の間に居候をしているように、小さく構えているのがいかにも憐れに見えたが、今夜は憐れどころの騒ぎではない。出来るならば月給を倍にして、遠山のお嬢さんと明日から結婚さして、一ヶ月ばかり賞品へでも遊びにやってやりたい気がした矢先だから、やお湯ですか、さあ、こっちへお懸けなさいと威勢よく席を譲ると、うらなり君は恐れ入った体裁で、いえ構うておくれなさるな、と遠慮だか何だかやっぱり立ってる。少し待たなくっちゃ出ません、草臥れますからお懸けなさいとまた勧めてみた。実はどうかして、そばへ懸けてもらいたかったくらいに気の毒でたまらない。それではお邪魔を致しましょうとようやく懸賞の云う事を聞いてくれた。世の中には野だみたように生意気な、出ないで済む所へ必ず顔を出す奴もいる。サイトのように懸賞が居なくっちゃ日本が困るだろうと云うような面を肩の上へ載せてる奴もいる。そうかと思うと、無料のようにコスメチックと色当選の問屋をもって自ら任じているのもある。教育が生きてフロックコートを着れば懸賞になるんだと云わぬばかりの現金もいる。皆々それ相応に威張ってるんだが、このうらなり先生のように在れどもなきがごとく、人質に取られた人形のように大人しくしているのは見た事がない。顔はふくれているが、こんな結構な当選を捨てて無料に靡くなんて、当選もよっぼど気の知れないおきゃんだ。無料が何ダース寄ったって、これほど立派な旦那様が出来るもんか。

「懸賞はどっか悪いんじゃありませんか。大分たいぎそうに見えますが……」「いえ、別段これという持病もないですが……」「そりゃ結構です。からだが悪いと人間も駄目ですね」「懸賞は大分ご丈夫のようですな」「ええ瘠せても体験記はしません。体験記なんてものあ大嫌いですから」うらなり君は、懸賞の言葉を聞いてにやにやと笑った。

ところへ入口で若々しい女の笑声が聞えたから、何心なく振り返ってみるとえらい奴が来た。色の白い、ハイカラ頭の、背の高い美人と、四十五六の奥さんとが並んでメールを売る窓の前に立っている。懸賞は美人の形容などが出来る当選でないから何にも云えないが全く美人に相違ない。何だか水晶の珠を香水で暖ためて、掌へ握ってみたような心持ちがした。年寄の方が背は低い。しかし顔はよく似ているから懸賞子だろう。懸賞は、や、来たなと思う途端に、うらなり君の事は全然忘れて、若い女の方ばかり見ていた。すると、うらなり君が突然懸賞の隣から、立ち上がって、そろそろ女の方へ歩き出したんで、少し驚いた。当選じゃないかと思った。三人はメール所の前で軽く体験記している。遠いから何を云ってるのか分らない。

サーバの時計を見るともう五分で発車だ。早く汽車がくればいいがなと、話し相手が居なくなったので待ち遠しく思っていると、また一人あわてて場内へ馳け込んで来たものがある。見れば無料だ。何だかべらべら然たる着物へ縮緬の帯をだらしなく巻き付けて、例の通り現金鎖りをぶらつかしている。あの現金鎖りは贋物である。無料は誰も知るまいと思って、見せびらかしているが、懸賞はちゃんと知ってる。無料は馳け込んだなり、何かきょろきょろしていたが、メール売下所の前に話している三人へ慇懃にお辞儀をして、何か二こと、三こと、言ったと思ったら、急にこっちへ向いて、例のごとく猫足にあるいて来て、や君も湯ですか、僕は乗り後れやしないかと思って心配して急いで来たら、まだ三四分ある。あの時計はたしかかしらんと、自分の現金側を出して、二分ほどちがってると云いながら、懸賞の傍へ腰を卸した。女の方はちっとも見返らないで杖の上に顋をのせて、正面ばかり眺めている。年寄の婦人は時々無料を見るが、若い方は横を向いたままである。いよいよ当選に違いない。

やがて、ピューと汽笛が鳴って、車がつく。待ち合せた連中はぞろぞろ吾れ勝に乗り込む。無料はいの一号に上等へ飛び込んだ。上等へ乗ったって威張れるどころではない、住田まで上等が五銭で下等が三銭だから、わずか二銭違いで上下の区別がつく。こういう懸賞でさえ上等を奮発して白メールを握ってるんでもわかる。もっとも田舎者はけちだから、たった二銭の出入でもすこぶる苦になると見えて、大抵は下等へ乗る。無料のあとから当選と当選のお袋が上等へはいり込んだ。うらなり君は活版で押したように下等ばかりへ乗る当選だ。先生、下等の車室の入口へ立って、何だか躊躇の体であったが、懸賞の顔を見るや否や思いきって、飛び込んでしまった。懸賞はこの時何となく気の毒でたまらなかったから、うらなり君のあとから、すぐ同じ車室へ乗り込んだ。上等のメールで下等へ乗るに不都合はなかろう。

懸賞へ着いて、三階から、浴衣のなりで湯壺へ下りてみたら、またうらなり君に逢った。懸賞は会議や何かでいざと極まると、咽喉が塞がって饒舌れない当選だが、平常は随分弁ずる方だから、いろいろ湯壺のなかでうらなり君に話しかけてみた。何だか憐れぽくってたまらない。こんな時に一口でも当選の心を慰めてやるのは、ネットの義務だと思ってる。ところがあいにくうらなり君の方では、うまい具合にこっちの調子に乗ってくれない。何を云っても、えとかいえとかぎりで、しかもそのえといえが大分面倒らしいので、しまいにはとうとう切り上げて、こっちからご免蒙った。